S Nシャンプーのつぶやき

「髪の声を聴く」「肌の声を聴く」を基本コンセプトに
アトピー体質の女性理容師が、自身の手荒れから、
毛根を200倍に拡大しながら【S Nシャンプー】を開発しました。
♪♪実店【なごやしずえ理容室】でも【SNシャンプー】のテーマ
「〜より安全性高く、より自然に近く〜」を、
木材を使った、くつろげる空間で、天然素材を使って、
薄毛、ヘアケア、地肌トラブル、そしてスキンケアまで、
IT通販と並行して展開しています。
http://www.sn-shampoo.com/
/http://www.sn-shampoo.net/
どうぞお気軽に【なごやしずえ理容室】までご相談およせください。
E-mailへ→ (24時間OK)
TEL:03-3711-0913 (9:30~19:30)
東京都目黒区祐天寺2-8-3 

リンスは毛髪に施しましょう。
毛髪の健康状態のPH=弱酸性へと、導くためです。

★毛髪は20数種類の弱酸性のアミノ酸群から成っています。
石けん系のアルカリのままでは、毛髪は健康状態に問題を残しやすいのです。

リンスで、健康ラインの弱酸性へ戻し、見た目・表面も美しく、
丈夫に仕上げましょう。

参照⇒<毛髪を構成するアミノ酸]を分析してみましょう >
'07/9/5
〜分析にリンクしてます〜
xxx S・N xxx S・N

ペアの《S・Nリンス》もあります。
◆使い方は、手指で、クシ通す様に髪にリンスをつけます。

xxx S・N xxx S・N  

【SNシャンプー】だけで済ませる方も短髪の男性に限らず、
少なからずいらっしゃいます。理由は

(1)面倒くさい
(2)ボリュームダウンを好まない

xxxx S・N xxxxx S・N

★★シャンプー&リンス、いずれもサラッとタイプ、無香料です。
合成香料はアレルギーの原因にもなります。

3f1fb355.JPG


【SNシャンプー】は第一線の理容師が考えた<石けんシャンプー>です。
肌への安全性と毛髪の仕上がりにもチャレンジした石鹸シャンプーです。

【特徴】

◆泡切れが抜群で、洗浄のリスクから、肌をいち早く、遠ざけます。
〜洗浄が終わると、ただちに肌から退場してくれます〜

◆薄毛=毛根の皮脂を安全性高く、洗浄し、元気に活性化します。
〜毛髪をツルツルにしたり、サラサラにしたりする添加剤が含まれていないため、
 毛根をスッキリ洗います。

◆ニキビで悩んでいる人(特に額やフェイスライン、背中など)
〜上記に加え、弱酸性でないために、肌に残留せず、改善に導きます。

◆市販の<石けんシャンプー>で「?」な方
〜髪の仕上がり感に不満足な方にもお薦めです。

xxxS・N xxx S・N
肌の弱い犬さん達にも喜ばれています。かゆがらないので
パートナーシップが良好でと、飼い主さん達も笑顔でご満足です。
xxxS・N xxx S・N

A】シャンプーでは、地肌と毛髪とどちらを重要視して洗うと、良いのでしょう?

Q】毎日200倍で拡大してお客様の毛根を見続けて来た理容師の立場で言うと、
《毛根》を重視したい!のです。

その理由は、毛髪の製造工場=毛母細胞は地肌のすぐ下にあるからです。

毛の根元をキレイにし、成長を助けたい!

製造工場の活動を活発化させてこその、《髪》ではないでしょうか?

★毛髪は地肌から1cmくらいから上は生きていません。
だから切っても痛くないのです。

「でも、ネ〜」
「そうですネ」
髪はその人のアイデンティティや、美を現す重要なアピールポイント。
ソレ自体細胞分裂をして、生きてはいないかもしれないけれど、
今ある髪の表情も重要です。つややかな髪、サラサラの髪は素敵です。

だったら、毛髪は毛髪でケアしましょう。
肌の弱い方は万が一も考えて
ナチュラル・ケアを。
なぜなら、洗髪時に流れ落ちるすすぎ湯が顔や体に
かかりもするし、つける手への残留 etc も考えてネ。

Q) シャンプーとは?
A) 毛髪と地肌を洗浄するものです。毛髪だけを洗うものではありません。

「そんな事わかっている!」と、言うお声が聞こえてくる気がします。
が、案外髪を洗っている意識の方が強くありませんか?
「髪を洗えば、地肌も同時に洗える。」
ま〜ソウなのですが、
その実際のサイエンス・科学は?いかがでしょう?

毛髪は弱酸性と言われていますネ。
その、科学は、弱酸性のアミノ酸群から成っていると、言うのが正確です。
http://www.sn-shampoo.com/check/faq20.html
「難しい化学はどうでも良いけど、実際にサラサラ・艶やかに仕上げるのには、
コマーシャルでやっている様に、
弱酸性のモノやアミノ酸系がダメージは少ないのでしょう?」

「それでは、地肌は?いかがでしょう?」

◆地肌には毛根に付随して皮脂腺があり、
皮脂は、生きている限り代謝されているのです。

★脂を洗浄するには、温湯と、(−)イオンに帯電した洗浄剤が必要です。

例》フライパンを洗うのには温湯と、強めの洗剤を選びませんか?

◆しかし、弱酸性である、毛髪には、そして、皮脂腺はありません。

つまり、条件がまったく異なるのです。
相反すると、言っても良いくらいです。
その両方を洗浄するのです。
難しいのです。
それにチャレンジしたのが、【S Nシャンプー】なのです。

◆○十年の現場第一線、アトピー体質の理容店の跡取り・女性理容師です。
自身のアトピー性の手荒れから、【S Nシャンプー】を現場一線で、    
毛根&地肌を200倍に拡大しながら開発しました。

◆開発10周年の今年、気持ちも新たににスタートです。
ウェブ・サイトは、多くの【S Nシャンプー】ご愛用者様方のサポートで
スタートし、オールアバウト上で医学博士にも推奨いただいています。
http://www.sn-shampoo.com/check/faq23.html

そして、もっと多くの方に、通勤・通学途中などにも
アクセスしていただきたくて、ブログを始めました。
東京のコンクリートだらけの都市化した環境の中から、現代の、もの言わぬ
肌や髪 を代弁していこうかしら?と、思っております。
どうぞよろしくお願いします。

◆髪も肌も人生とともに、生きています。
それぞれの年齢・ステージでの悩みや、気がかりがあるものです。
その健やかさは、人のシアワセ?充足度にもつながるのでは?
毎日、多くの方の髪と肌に接している現場の理容師の素朴な感想です。
そして、人の数だけの、それぞれの状態があり、
その皆様の個別ケースのお手伝いが少しでもできたらと思っています。

このページのトップヘ