日本初の石けんは、
日常的に外国人が使っていた石けんを、
勧められるがままに使った、明治初年頃の
日本人の『手を洗ってみた』
〜簡便に、サッと汚れを水で洗い流す事のできる
魔術のごときと、感じた、
その、カルチャーショックから始まったそうです。