皮膚の重要な機能に排泄器官でもあるという点があります。 汗をかきます。汗の働きは体温調節をすることです。 上手に体温調節ができなければ、生命にも関わります。 (例=熱中症) 汗は着衣を汚したり、匂いの元となったりして嫌われますが、 上手に汗をかくこと、かけることは生命体を守る意味からも、 肌の健康面からも大変重要なのです。 汗をかける肌作り、かきやすい肌作りには、 洗浄剤の選択が重要では?ないでしょうか? つまり、洗浄の科学=皮脂汚れをーイオンに吸着させ、引き離す〜という、 自然の理にかなった洗浄剤で、地肌も顔・肌も毛穴をクリアにし、 健やかな肌作りを! 汗や地肌の臭いも香料でなく、元から絶たねければ×なのです。 <ヘアサロン・ジャーナル連載・寄稿・『科学と化学』> 話題をツィート 今年話題の花粉症対策グッズから考えます。塗るマスク?「○○」は、1滴、鼻の頭や下などに塗るだけ。 と、そこにプラス(+)イオンの幕ができ、花粉やハウスダストなどのアレルギー物質をはじいたり、吸着したりして鼻の中への進入を防ぐとして話題になりました。 では、弱酸性(+)のシャンプー剤や、プラス・イオンに帯電した添加物で、毛髪の仕上がり感を重視したシャンプー剤と育毛剤の関係は?
-