「防腐剤が気になります,なぜパラペンが使われているのですか?」

⇒【SNシャンプー/なごやしずえ理容室】から
shampoo

パラベンは、非常に広範囲の微生物に有効であり、他の防腐剤に比べ、 はるかに毒性が低く、皮膚刺激や過敏症なども少ないとされています。
そしてパラベンは長く使われている物なので、化粧品被害がどのくらい起こるか判明しています。
(もちろんそれを使ってアレルギーを起こす人は、それが一切入らない物を使うしかありません。)

 アメリカでの例では、化粧品被害で皮膚科にかかった人の0・8%がパラベン などの防腐剤によっているというデータが出ています。

実際に化粧品を使ってる人全体からみると、わずかな数字となるわけです。 が、決して、奨励しているわけではありません!!

植物原料は石油系の合成物よりは腐りやすく、腐ったものを使用する危険性は全ての人に起こりうるものです。
パラベンで異常反応を引き起こす確率と比べると、、
(※)シャンプーやリンスは塗布して、働かせる物でなく、水(湯)ですぐに流し去ってしまいます。

アルコールにも殺菌力がありますが、アルコールでアレルギーが出たり、弱い人もいて(なごやしずえ理容室もそうです)、逆にそれは使えないわけです。そして防腐力を出すには、10%以上配合しなければ効果は期待できないので 敏感肌の方にはかなりの刺激になります。

植物抽出の作用が穏やかな防腐剤なども研究されてはいるが、やはり2〜3カ月で酸化したり、細菌感染したり‥‥、まだパラベンに置き換えられる物が見つかっていないのが現状です。

作用が穏やかでも、添加量を多くすれば危険性は同じです。

シャンプー&リンスは毎日ふたを開け、そのたびに空気に触れて酸化もし、すすぎの水がはねたりして、雑菌が入り込みやすい。

加えて、近年の夏の亜熱帯気象下、機密性の高い現代のコンクリートの建物の中の高温多湿個所=『浴室』に置かれるがための変質は、特に懸念されます

明日 に続きます!!

ご相談お気軽に! 


__o○o o_____o○o o_____o○o o_____o○o

SNシャンプー/なごやしずえ理容室

東京都目黒区祐天寺2-8-3 東横線祐天寺駅歩2分

TEL / FAX 03-3711-0913 / 03-3711-0916
E-mail : nagoya@sn-shampoo.com

__o○o o_____o○o o_____o○o o_____o○o