「SN シャンプーも他の石けんシャンプーと同じで髪がきしんだり、サラサラに仕上がらないのでしょうか?」

200倍拡大チェック、3万5千例以上の【SNシャンプー/なごやしずえ理容室】から

石けんシャンプーと、総称しても原料によって,また、洗い方により、髪の仕上がりに差があります。

SNシャンプーもリンスをして毛髪を弱酸性に傾けると、スタリングがキレイです。

1、毛根部は、新陳代謝している。しかし、毛髪は新陳代謝しない。伸びるのは根元です


hishi

















【A】毛根=(毎日刻々と皮脂が新陳代謝される)を安全性高くキレイに洗うことがたいせつです。

【B】毛髪をキレイに仕上げる=毛髪は弱酸性に傾くアミノ酸群からできています。よってSNリンスがたいせつなのです。
========================================================

[毛髪を構成するアミノ酸]を分析してみると、以下一覧の様になります。
毛髪アミノ酸・組成・割合とPH(水素イオン濃度指数)
・システィン
16,6〜18,8
中性
 
・グルタミン酸
12,6〜14,2
酸性
・アルギニン
8,9〜10,8
(アルカリ性)
・セリン
7,4〜10,6
中性
 
・ロイシン
6,4〜8,3
中性
 
・アスパラギン酸
3,9〜7,7
酸性
・ヒスチジン
0,6〜1,2
(アルカリ性)
・アラニン
2,8
中性
 
・プロリン
4,3〜9,6
中性
 
・チロシン
2,2〜3,0
中性
 
・イソロイシン
4,7〜4,8
中性
 
・リジン
1,9〜3,1
(アルカリ性)
・フェニルアラニン
2,4〜3,6
中性
 
・トリプトファン
0,4〜1,3
中性
 
・グリシン
4,1〜4,2
中性
 
・パリン
5,5〜5,9
中性
 
・スレオニン
7,4〜8,6
中性
 
・メチオニン
 
 
 
・トレオニン
(人によっては計測できない微量アミノ酸もあります)
酸性
[グルタミン酸12.6〜14.2] + [アスパラギン酸3.9〜7.7]=16.5〜21.9
アルカリ性
[アルギニン8.9〜10.8]+[ヒスチジン0.6 〜1.2][リジン1.9〜3.1]=11.4〜15.1
中性のアミノ酸が多い中、酸性とアルカリ性では、
その割合量の合計から弱酸性に傾くと成るのです。

================================================================

そして、毛髪は新陳代謝はしません。死滅細胞の塊です。

【A】と【B】は、全く相反する性質のモノを洗う、そのむずかしいことにチャレンジしたのが、SNシャンプーです。

SNシャンプーはリンスが必要ですか?


● ご相談・ご予約 ●
03-3711-0913
E-mail : nagoya@sn-shampoo.com

 
東京都目黒区祐天寺2-8-3

東急東横線祐天寺駅から徒歩3分
営業時間  AM9:30〜PM7:30

◆〜アクセスのご注意〜◆


最寄り駅は東急東横線祐天寺駅です。
新宿・和光市方面からは渋谷より、各駅停車で3つ目。
横浜方面からも各駅停車をご利用ください。
《注》特急・通勤特急・急行は止まりません。

駅歩2分です。