生活習慣ケアをお伝えしている 頭皮 (地肌),毛根の200倍拡大チェック、4万例以上で、持続可能なケアの【なごやしずえ理容室】では⇒ 高齢者の痒いフケのケアにもSN竹炭クレイwithSNエッセンシャルオイルの頭皮パック+SNシャンプ・ケアが、スッキリして気持ちイイし、フケが落ちないと、年輪シワが笑顔満面で喜んでいただきました。
shouhyou_1 - コピー

ご相談・ご予約は
●03-3711-0913 
● E-mail : nagoya@snshampoo.com
 



⇒ 30倍拡大/反射・無反射レンズチェック
1万8千例以上の肌ケアの【なごやしずえ理容室】では


ノンジアミン・カラーの1剤にハーブ・ブレンドの2剤で、人にやさしくカラーリング。
シャンプー後、「ひさしぶり!!」と、ナチュラルな濃茶に染まった髪にウレシソウな、カット&カラーの女性客様は、「次亜塩素酸の噴霧はWHOの見解により推奨しない」というニュースからコロナの消毒話で終始しました。大関カラーリング - コピー

なごやしずえ理容室は理容業の消毒も時代によって変わってきた、とお話しました。
理容師法は、理容師、管理理容師全般の職務・資格などに関して規定した法律で、1947年12月24日に公布されました。理容師は伝染性疾患(結核、皮膚病)に関する医師の診断書の提出が必要なのです。
なごやしずえ理容室では先代の頃は永くクレゾール石けん液を使っていましたが、フェノール類の内分泌攪乱物質として注意喚起がされて、使わなくなりました。
クレゾール石けん液は、特に結核菌の消毒が必要な場合の環境消毒などに限定して用いるのが適切である、という記載がweb上にあります。理容師法が制定された時代背景が大きく影響しているのでしょうか?