⇒頭皮 (地肌)毛根の200倍拡大チェック4万例以上、持続可能なケアのSNシャンプーなごやしずえ理容室】から

そもそもシャンプー(洗髪)とは?、何でしょう?

SHAMPOOとは、マッサージ
 
「SHAMPOO」は、マッサージという意味の言葉が語源です。
英語 shampoo の語源は、ヒンディー語 caa~po (発音は chaampoo チャーンポー) 「マッサージしてくれ」という意味です。インドはイギリス領でした。洗髪の意味になったのは18世紀末と言われています。
 
■養・育毛に良いシャンプー法は?
 
それではどの様にしたら養・育毛には良いマッサージ・シャンプーとなるなのでしょうか?
なごやしずえ理容室】は薄毛や細毛、養・育毛ケアでご来店の方には、生活習慣ケアとして理容式のシャンプーから、マッサージの重要性を実際に行いながらお伝えしています。


 
■シャンプーの意義・意味は?

【SNシャンプー/なごやしずえ理容室】が考えるシャンプーの意義・意味は?、
1、頭皮と髪を清潔にする
2、頭皮の血行を促進する
3、養・育毛の効果を高めるための頭皮環境の改善
 
■毎日のシャンプーで生活習慣ケア
 
365日、毎日・毎日、適切なシャンプー剤で、上記の3点に気をめぐらせてシャンプーをていねいにしたら?、それは極めて日常レベルでの「生活習慣」として養・育毛ケアになるのではないでしょうか?
 
■シャンプー・マッサージで血行を促進して養・育毛
 
※ 毛髪は死滅細胞の塊です。爪の白い部分と同様にカットしても痛くありません。しかし毛根は日々刻々と皮脂を新陳代謝し、毛母細胞は刻々と細胞分裂し続けています。だから抗がん剤の副作用で活動を休止し、髪が抜けるのです。
頭皮は切ったら痛く、傷つきます。毛髪は切っても痛くありません。
頭部には毛根・毛穴が他の体のどの部分よりも多くあります。したがって毛穴に付随する皮脂腺も多く、よって刻々と皮脂は代謝され続け、細胞は分裂し続け、生き続けています。


 断面図

SNシャンプー】で、
血行を良くし(栄養を運び)、毛母細胞の活動を活発にする、持続可能な生活習慣・シャンプーケアに取り組みませんか?
 





ご相談・ご予約は、●nagoya@sn-shampoo.com  ●03-3711-0913 へ


■たかがシャンプー。されどシャンプー

現代の化学ではいく通りにでも、どの様にでもシャンプーの処方の組み合わせは可能です。

女性では妊娠期と出産後ではホルモンバランスで違って来て当然でしょう。男性でも年齢によって、また生活環境やライフスタイルによっても違ってくるでしょう。

『赤ちゃんの肌にもやさしい』処方が全ての人に適正ではないのと同様、思い込みやイメージでの選択はNGでしょう。客観的なチェックの眼をもってマッサージ・シャンプーで健やかな髪を!

詳細は⇒ ご確認ください!