S Nシャンプーのつぶやき

「髪の声を聴く」「肌の声を聴く」を基本コンセプトに
アトピー体質の女性理容師が、自身の手荒れから、
毛根を200倍に拡大しながら【S Nシャンプー】を開発しました。
♪♪実店【なごやしずえ理容室】でも【SNシャンプー】のテーマ
「〜より安全性高く、より自然に近く〜」を、
木材を使った、くつろげる空間で、天然素材を使って、
薄毛、ヘアケア、地肌トラブル、そしてスキンケアまで、
IT通販と並行して展開しています。
http://www.sn-shampoo.com/
/http://www.sn-shampoo.net/
どうぞお気軽に【なごやしずえ理容室】までご相談およせください。
E-mailへ→ (24時間OK)
TEL:03-3711-0913 (9:30~19:30)
東京都目黒区祐天寺2-8-3 

2015年05月

d9f310c4.jpg「汗かくせいか、暑くなってきたらブツブツ出てきて、
メールで教えていただいた通り
【SN竹炭クレイ】をその部分にだけ塗り、
少し置いてから洗顔したら、ツルツルになりました。

⇒【SNシャンプー/なごやしずえ理容室】から
お話をうかがって、
〇〇様の場合は、トラブル部分に
【SN竹炭クレイ】
【SN竹炭クレイ】でケアすることを選択しました。
原料の竹炭と粘土は、どちらも自然の恵みの天然素材。
たっぷり含んだミネラル成分が、
肌のトラブル改善に向け穏やかにはたらきかけ、
通常の洗顔では落とせない、
張り付いた様に酸化した脂肪分など老廃物を吸着・除去します。

※竹炭のミネラル成分は焼く前の竹に比べて3倍に濃縮され、
粘土のミネラル分と穏やかな相乗効果になります。

c1f190b4.jpg「主人用にシャンプーと、リグラクールをください。
大分臭わなくなりってきましたネ」

⇒【SNシャンプー/なごやしずえ理容室】から
汗自体は無臭、臭いません。
皮膚にいる細菌が汗の成分や皮脂を分解して臭いを発生させます。
よって天然カンフル使用の
《リグラクール》は、ケアにGOODチョイスです!!
そして皮脂腺が多くある頭部の毛根を良く洗う
【SNシャンプー&リンス】での洗髪は基本ケアでしょう。

37d5e840.jpg《529》春がなかったネ〜。
シャンプーと、リグラクールを2本ください。

⇒【SNシャンプー/なごやしずえ理容室】から
《リグラクール》は天然カンフル使用で、
汗の臭い対応にもGOODチョイスです!!
【SNシャンプー】ともども生活習慣リスクを遠ざけて、安全性高くケアしましょう。

2b045def.jpg【SNナチュラルブラウン・ヘナ】の品質がグレードがUPしました。

具体的には粒子が細かくなって、毛髪にまとわり付きやすくなりました。
結果、発色度、トリートメント度が上がりました。
これからの梅雨の季節には、癖毛対策にも一層の「仕事」をすることでしょう。

a627c738.jpg【SNシャンプー/なごやしずえ理容室】2015年6月の休業日の予定は、

1(月曜)日
8(月曜)日
15/16(月/火曜)日
22/23(月/火曜)日
29(月曜)日 です。

◆営業時間 AM9:30〜PM7:30
ご予約優先・順番制とさせていただいております。
どうぞ宜しくお願いいたします。

E-mailへ→
【なごやしずえ理容室】
〒153-0052 東京都目黒区祐天寺2-8-3
ホームページへGO→
TEL 03-3711-0913
FAX 03-3711-0916

88ac605a.jpg「帰りにいつもの顔の保湿ローションください。
もう1週間くらい切れていて・・・」

⇒【SNシャンプー/なごやしずえ理容室】から
保湿が足りないせいで、ブツブツ、大きなできモノも作っているのでしょうか?

「ヘナのファンデーション・タイプ、イイですね!、
忙しくて次の
トリートメントまでの間に合わせにください」

⇒【SNシャンプー/なごやしずえ理容室】から
石油系合成界面活性剤、シリコン、鉱物油、合成色素、合成香料、一切不使用という
ことだからでしょうか?、肌負担も少ないのでしょうネ。

b1107006.jpg「お蔭様でイイです! 今日は
【SNシャンプー&リンス】とファンデをください。」

⇒【SNシャンプー/なごやしずえ理容室】から
梅雨頃にケアとして《エステ+ウェットシェービング》をして、代謝UPをしましょう、と、
酒さ様皮膚炎を克服された方にお伝えしました。

aedaa66d.jpg「やりずらかったでしょう!朝方?、凄い雷だったネ〜」
帰りに《リグラクール》をください。
肌がスッキリ、サッパリして毎朝、寝癖直しにも愛用しているんだヨ」

⇒【SNシャンプー/なごやしずえ理容室】から
シェービング時、気持ち良さそうにお休みでした・・・
永年のご愛顧ありがとうございます!

このページのトップヘ