脂漏性皮膚炎=湿疹について、
皮膚科ではカビによります、と、
抗真菌剤を処方します。

真菌はカビの仲間の総称です。

カンジダなどは有名です。
ミズムシも白癬菌で皮膚の真菌感染症。

健常人でも皮膚、粘膜などにいるのですが、
免疫力が正常だったり、
そこに他の細菌が優位をしめているので
真菌は負けてしまって増殖できません。
免疫力が低下すると悪さを起こします。

脂漏性皮膚炎=湿疹の原因菌とされる
マラセチア菌は癜風(でんぷう)菌とも
いう『かび』で、皮膚の常在菌で、
誰にでもある程度の量は存在するのですが、
脂の分泌が多い人や夏に汗を多くかく時期などに
菌が増殖し症状が現れます。