2001年4月1日の薬事法改正により、
規制の大幅な緩和が実施され、
化粧品原材料は、厚生省で許可されたものしか
使用できなかったのが、
特に禁止されたもの以外、
製造販売元の責任おいて、
いろいろな原料を使用しても
良いことになりました。
それは濃度においても同様で、
上限の緩和が実施されました。
詳細は以下から
<今後の化粧品規制の在り方について>
http://www1.mhlw.go.jp/houdou/1007/h0723-1.html

【厚生労働省】
http://www.mhlw.go.jp/index.html