パーム椰子(油ヤシ)の実には
リパーゼという油脂を腐らせる
酵素があるため、収穫してから
すぐに処理しないと変質します。

このためパーム油の農園には
工場が併設され、収穫された
パームの実はすぐに処理=
収穫から搾油までを24時間内に
行われます。

ジャングルを切り開いて、プランテーションとする
経済理論なのでしょう。